原爆ドーム | 日本の世界遺産旅より

原爆ドーム | 日本の世界遺産旅より(作品番号 0020)

日本の世界遺産 原爆ドーム を訪れて撮影、ドローイング、作画を行った 旅の記録をアーカイブしています。

カラーの作品
原爆ドーム | 松田光一の世界遺産アート
原爆ドームの絵 2014年

世界遺産 原爆ドーム | Hiroshima Peace Memorial (Genbaku Dome)

原爆ドーム(げんばくドーム、英: Atomic Bomb Dome)の名で知られる広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ、英: Hiroshima Peace Memorial)は、日本の広島市に投下された原子爆弾の悲惨さを今に伝える記念碑(被爆建造物)である。元々は広島県の様々な物産を展示するための広島県物産陳列館として開館され、原爆投下当時,広島県産業奨励館と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。
(出典:WIKIPEDIA)
0020_ 広島平和記念碑(原爆ドーム)_ 日本国_ Hiroshima Peace Memorial_ Japan_ East, South Asia_ Cultural_ Hiroshima Prefecture_ (vi)_ N34 22 60 E132 26 60_ 1996_ 0.40ha _ 43ha_ Ref:775

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう

松田光一 | グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

ホームページへ戻る
子供絵画教室 | 麻布アトリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA