絵を描くことの影響

日本の美しい景色を描く 小田原城 | 世界遺産アート 松田光一

絵を描くことの影響 について

(気づきがあれば更新)最近 人が 絵を描くことの影響 について考えたりするようになりました。私たちにとって 気づきがあればその時に文章にしておこうと思います。

何事 も一枚の 絵 から 生まれる

4月10日更新

それなりに長いこと生きていると、この 社会 の 人工物 のほとんどが、始まりは一枚の「絵」である気がしてきます。それは、どこかの誰かの 頭の中 に浮かんだビジョンや 設計図 かも知れません。絵 を描くことができる人は偉いわけでもありませんし、絵が描けるからと行って 仕事 が 安定 するわけではありません。ただ、絵が描ける事で損をすることはないでしょう。特にこれからの世の中では。 私 は 個人的 に 勉強 はものすごく 大切 だと思っています。ただ、勉強だけよりも頭の中で考えたことや、みたことのある景色を、下手くそでもいいので、「絵」にすることができる力はものすごく 有意義 であると考えています。

村上隆さんがおっしゃっていましたが、日本の美大生を中心に、絵のレベルが猛烈に高いのだそうです。ただし、絵のうまさと現代アートはリンクしていないという風にもおっしゃっています。現代アート を作るためには絵を習う必要はないと私も思います。

建築物 や 映画、店舗の 内装 や、企画書 など、 美しい 構図 や 色彩 を理解していれば 役に立つ事柄で 社会は 溢れていることに 気がつきます。絵 は描くことで 次第 にうまくなって行きます。 勉強 と同じで、継続しない限り、 基本的 な描き方 は理解できないでしょう。猛烈 にうまくなりたいかどうかは本人次第です。私自身はある程度 デッサン と 色彩感覚 に自身があるくらいで、 スーパーリアリズム や アニメーター さんが描く絵などは全然描くことができません。何か頭の中で考えていることを他人に「絵」で見せることができる程度で充分役にたちます。そして「絵」にすることができれば、しばしば尊敬されるでしょう。

どんな未来を生きていきたいかということも 絵にすることで見えてくるようになります。未来の絵が描くことができれば、自ずとその未来は近づいてくるでしょう。それが頭の中にあるだけと、紙の上にアウトプットされた絵があるのとでは全く違う意味を持っています。

絵を描くことの影響 について

目的なき創作の先に

3月12日更新

先日 絵を描く子供達が 私に 教えてくれることがありました。子供達は絵を描くときに目的がありません。目的があるとしたらおそらく、ただ描きたいから、とかモチーフと全く同じように仕上げたいから、とかでしょう。

私が芸術系の大学にいきたいと思い始めたのは小学校の後半か中学に上がった頃でした。その頃は大学か人生のゴールであり、絵を描くことは、大学に入ることがひとつの目的になりました。コンクールに出すことも何度かしてみて、何度か入選や佳作程度の賞は取ったことがありますが、それを証明するものは今は多分残っていません。

話を戻すと、アトリエに集まってくる子供達はただ単に描くことが好きなようです。これは私にとっては発見でした。また、絵を 描くことは才能ではなく、絵が好きであることが才能であることも発見しました。この能力、というかこの嗜好性はかなり小さな頃から持っているか、そうでないかに分かれているようです。そして、絵に興味がない子供達は、よっぽど目的がない限り描くことを拒みます。3歳くらいまでの周りの環境が影響しているのかは定かではありませんが、特に周りに絵の環境があっまわけではない子でも好きな子がいるので、なんともいえません。私はこんなシンプルなことをかなり大人になってから知りました。

アウトプットと言う経験

2月15日更新

絵を描くことは基本的に目に映るものを紙に自己のフィルターを通して落とし込んで行く作業に他なりません。それが写実的であったり、感情の方が大きかったり、経験とミックスした色合いになったり、人それぞれの個性が紙の上に現れます。絵を描くことはこの一連の作業を無造作に行っていると考えられます。

頭の中でその瞬間に感じるものをアウトプットして行くことが絵を描くということです。人それぞれですが、やはり絵を描く作業は結構疲れます。特に3時間以上もデッサンを続けらる芸大生は人並み外れた絵に対する集中力があります。時間をかければいいと言うものではありませんが、早く描ければいいと言うものでもありません。正解がないのが芸術の追求と言えますが、人間の感覚的な能力を成長させてくれるものであると言えるでしょう。自分の内側にある造形を外側に出せることは大切です。

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう

港区 の子供絵画教室 “麻布アトリエ” 麻布十番スタジオ について

この記事は 麻布十番 に アトリエ を構えた 画家 松田光一 と 子供絵画教室開業に関してを綴った日記です。麻布十番の絵画教室 “麻布アトリエ”は 世界遺産や絶景などをアート作品として排出する 作家 松田光一 のスタジオです。2018年より そのスタジオを解放して絵画教室を行います。アトリエ・絵画教室という場所がどのように 出来上がって行き、どのように 成り立って行くのかを 日常の出来事と共に 記録しています。一般的な人にとって 絵画制作 は日常不可欠なものではありませんが、人生を色鮮やかに豊かにしてくれる文化でもあります。松田は 最初の アトリエを東京都 港区 麻布十番 の一角に開きました。アトリエ 運営自体は3年目、絵画教室自体は これからです。どんな出逢いが待っているのか 楽しみにしています。誰でも閲覧できる記事 なので なるべく見てくれる人が 新しい 活動 をするためのヒントになるような 記事の作成 を目指しますが、個人的な日記になることもしばしばかと存じます。どうぞお付き合いください。アトリエに関して何かありましたら 以下のボタンより お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ_ボタン_麻布アトリエ

麻布アトリエ 代表 より

代表 はWORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

世界遺産アート ホームページ

絵 を描くことで、表現の喜びを体験し、豊かな 感受性 を磨くことができます

絵画の制作に「このようにしたらいい」という正解はありません。大人が見て「上手」か「下手」かの基準はありますが、子供達の絵画制作には そのような基準では 測ることのできない 成果や成長を見込むことができます。絵を制作することは自分の中にある感情を表に出す作業でもあります。絵画制作 に触れる機会は、右脳を動かし 想像力豊かな 幅広い 考え方のできる人を育てます。きちんと座って絵を制作することは 我慢強さも必要なので 優れた集中力を育てることにも繋がります。また、麻布アトリエのこども絵画教室では、制作の 「プロセス」 だけでなくひとつの作品の「完成」 を経験するということを 大切に考えています。幼少期からの絵画制作の経験は、こども達の 固定観念 にとらわれない 柔軟な「想像力」 と 内側の思いを人に伝えられる「表現力」 、そしてそれらを実際に動かしていく 「行動力」 を育てることに繋がると考えています。

麻布 アトリエ 松田 光一(まつだこういち)
公式ホームページ

1996年登録世界遺産 の絵

1996年登録世界遺産 の絵 | 0017_ 厳島神社

1996年登録世界遺産 の絵

1996年登録世界遺産 の絵 (随時更新)

松田光一の世界遺産アート(世界遺産の絵)を登録年代別にご紹介していく記事です。「こんな所に行きたいな」とか「へーこんな絶景が世界にあるんだな」と行った感動をシンプルに絵柄にして行きます。心から行きたい場所は訪れたりもします。様々な世界遺産が存在しているので、絵柄と共にお楽しみください。作品は0から始まる4桁の番号で管理しています。もしもお気に入りの絵が見つかりましたら、ご購入頂くこともできますので、お気軽にお問い合わせください

1996年登録世界遺産 は合計37件、トランスバウンダリーサイト(国境を超えて登録された遺産)は0 件でした。

1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0038-1-R_ケルンの大聖堂_ドイツ連邦共和国AOLT

0038_ ケルンの大聖堂 ドイツ連邦共 和国
Cologne Cathedral Germany

1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0006-1_110911ヴァイマールとデッサウのバウハウス関連遺産OLTW

0006 ヴァイマールとデッサウのバウハ ウス関連遺産 ドイツ連邦共和国 Bauhaus and its Sites in Weimar and Dessau_ Germany

1996年登録の世界遺産の絵| 0020-1_110423広島平和記念碑_原爆ドーム

0020_ 広島平和記念碑(原爆ドーム)_ 日本国 Hiroshima Peace Memorial_ Japan

1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0075_110605トゥルッリ_W

0075_ アルベロベッロのトゥルッリ_ イ タリア共和国 The Trulli of Alberobello_ Italy

1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0091-1_バイカル湖OLTW

0091_ バイカル湖_ ロシア連邦 Lake Baikal_ Russian Federation

1996年登録の世界遺産の絵 | 0017_ 厳島神社

0017_ 厳島神社_ 日本国 Itsukushima Shinto Shrine_ Japan

1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0093-1_ポルトの歴史地区OLTW
0093_ ポルトの歴史地区_ ポルトガル 共和国 Historic Centre of Oporto_ Portugal
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0122_ ザルツブルクの歴史地区_ オー ストリア共和国 Historic Centre of the City of Salzburg
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0131-1_ミディOLTW
0131_ ミディ運河_ フランス共和国 Canal du Midi_ France
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0140-1_ウシュマルの古代都市OLTW
0140_ ウシュマルの古代都市_ メキシコ 合衆国 Pre-Hispanic Town of Uxmal_ Mexico
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0169_ カステル・デル・モンテ_ イタリア 共和国 Castel del Monte_ Italy
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0171verona1
0173_ ラヴェンナの初期キリスト教建造 物群_ イタリア共和国 Early Christian Monuments of Ravenna_ Italy
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | ピエンツァの歴史地区
0184_ ピエンツァの歴史地区_ イタリア 共和国 Historic Centre of the City of Pienza_ Italy
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | ミクナースの旧市街
0233_ ミクナースの旧市街_ モロッコ王 国 Historic City of Meknes_ Morocco
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0244_ アムステルダムの防衛線の要塞_ オランダ王国
0244_ アムステルダムの防衛線の要塞_ オランダ王国 Defence Line of Amsterdam_ Netherlands
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 上スヴァネチア_ グルジア
0267_ 上スヴァネチア_ グルジア Upper Svaneti_ Georgia
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | スケリッグ・マイケル島の修道院 _ アイルランド
0337_ スケリッグ・マイケル島の修道院 _ アイルランド Skellig Michael_ Ireland
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | Lushan National Park_ China
0401_ 廬山国立公園_ 中華人民共和国 Lushan National Park_ China
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 峨眉山と楽山大仏_ 中華人民共和国
0402_ 峨眉山と楽山大仏_ 中華人民共和国 Mount Emei Scenic Area, including Leshan Giant Buddha Scenic Area_ China
1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一 | 0453-1_ベリーズ・バリア・リーフ自然保護
0453_ ベリーズ・バリア・リーフ自然保護 区_ ベリーズ Belize Barrier-Reef Reserve System_ Belize
0505_ 人類化石出土のサンギラン遺跡 _ インドネシア共和国_ Sangiran Early Man Site_ Indonesia 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0505_ 人類化石出土のサンギラン遺跡 _ インドネシア共和国 Sangiran Early Man Site_ Indonesia
0542_ アフパットとサナインの修道院_ アルメニア共和国_ Monasteries of Haghpat and Sanahin_ Armenia | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0542_ アフパットとサナインの修道院_ アルメニア共和国 Monasteries of Haghpat and Sanahin_ Armenia
0706_ カムチャツカ火山群_ ロシア連 邦_ Volcanoes of Kamchatka_ Russian Federation | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0706_ カムチャツカ火山群_ ロシア連 邦 Volcanoes of Kamchatka_ Russian Federation
0707_ 隊商都市ウワダン、シンゲッティ、 ティシット、ウワラタ_ モーリタニア・イス ラム共和国_ Ancient Ksour of Ouadane, Chinguetti, Tichitt and Oualata_ Mauritania | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0707_ 隊商都市ウワダン、シンゲッティ、 ティシット、ウワラタ_ モーリタニア・イス ラム共和国 Ancient Ksour of Ouadane, Chinguetti, Tichitt and Oualata_ Mauritania
0708_ ケレタロの歴史的建造物地区_ メキシコ合衆国_ Historic Monuments Zone of Queretaro_ Mexico | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0708_ ケレタロの歴史的建造物地区_ メキシコ合衆国 Historic Monuments Zone of Queretaro_ Mexico
0709_ ヴェルラの製材・板紙工場_ フィ ンランド共和国_ Verla Groundwood and Board Mill_ Finland | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0709_ ヴェルラの製材・板紙工場_ フィ ンランド共和国 Verla Groundwood and Board Mill_ Finland
0710_ パンノンハルマのベネディクト会 修道院と周辺の自然環境_ ハンガリー共 和国_ Millenary Benedictine Abbey of Pannonhalma and its Natural Environment_ Hungary | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0710_ パンノンハルマのベネディクト会 修道院と周辺の自然環境_ ハンガリー共 和国 Millenary Benedictine Abbey of Pannonhalma and its Natural Environment_ Hungary
0711_ W国立公園_ ニジェール共和国_ W National Park of Niger_ Niger | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0711 W国立公園_ ニジェール共和国 W National Park of Niger Niger
0712_ アイスレーベンとヴィッテンベル クのルター記念建造物群_ ドイツ連邦共 和国_ Luther Memorials in Eisleben and Wittenberg_ Germany | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0712 アイスレーベンとヴィッテンベル クのルター記念建造物群 ドイツ連邦共和国 Luther Memorials in Eisleben and Wittenber Germany
0713_ レドニツェ=ヴァルチツェの文化 的景観_ チェコ共和国_ Lednice-Valtice Cultural Landscape_ Czech Republic | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0713 レドニツェ=ヴァルチツェの文化 的景観 チェコ共和国 Lednice-Valtice Cultural Landscape Czech Republic
0714_ 要塞都市クエンカ_ スペイン_ Historic Walled Town of Cuenca_ Spain | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0714 要塞都市クエンカ_ スペイン Historic Walled Town of Cuenca Spain
0715_ バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・ セダ_ スペイン_ La Lonja de la Seda de Valencia_ Spain | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0715 バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・ セダ スペイン La Lonja de la Seda de Valencia Spain
0716_ サーメ人地域_ スウェーデン王国 _ Laponian Area_ Sweden
0716 サーメ人地域 スウェーデン王国
0717_ ルレオのガンメルスタードの教 会街_ スウェーデン王国_ Church Town of Gammelstad, Luleå_ Sweden | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0717 ルレオのガンメルスタードの教 会街 スウェーデン王国
0718_ オカピ野生動物保護区_ コンゴ 民主共和国_ Okapi Wildlife Reserve_ Democratic Republic of the Congo | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0718 オカピ野生動物保護区 コンゴ 民主共和国 Okapi Wildlife Reserve Democratic Republic of the Congo
0719_ エゲの考古遺跡(現代名ヴェルギ ナ)_ ギリシャ共和国_ Archaeological Site of Aigai (modern name Vergina)_ Greece | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0719 エゲの考古遺跡(現代名ヴェルギ ナ) ギリシャ共和国 Archaeological Site of Aigai (modern name Vergina) Greece
0720_ シェーンブルン宮殿と庭園_ オー ストリア共和国_ Palace and Gardens of Schönbrunn_ Austria | 1996年登録の世界遺産の絵 | 松田光一
0720 シェーンブルン宮殿と庭園 オーストリア共和国 Palace and Gardens of Schönbrunn Austria
明日は どこへ行き どんな絵を 描こう
松田光一

グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

 ホームページへ

子供絵画教室 | 麻布アトリエ

日本遺産 を描く旅

1996年登録世界遺産 の絵 | 0017_ 厳島神社

日本遺産 を描く旅

日本遺産 を描く旅 (随時更新)

こちらにて日本遺産の絵を更新していく予定です(3月27日2018年)

文化庁日本遺産リスト

 

ーーー  続く ーーー

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
松田光一

グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

 ホームページへ

子供絵画教室 | 麻布アトリエ

日本の美しい景色を描く

1996年登録世界遺産 の絵 | 0017_ 厳島神社

日本の美しい景色を描く

日本の美しい景色を描く (随時更新)

小田原城(2018年3月26日)桜が満開の小田原城より。天気も最高で地元の人も観光客もみんなウキウキしてて、とても楽しかった。今回は箱根を巡ってきた帰り道。富士山は登頂だけがちらっと見えた程度だったので、桜が満開の小田原城をスケッチしてきました。いつもは黒ペンでモノクロドローイングのみなのですが、今は少しクレヨンなど使用してみています。

日本の美しい景色を描く 小田原城 | 世界遺産アート 松田光一

ーーー  続く ーーー

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
松田光一

グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

 ホームページへ

子供絵画教室 | 麻布アトリエ

夢の絵を描いたネコ

夢の絵を描いたネコ 松田光一

夢の絵を描いたネコ | エカキネコ | 松田光一 絵本

松田の絵本 “夢の絵を描いたネコ”をこちらで更新していきます。

夢の絵を描いたネコ(白ネコのイチ)スタンプはこちら

あるところ、ある時代にねこがいました

ねこ はいつも何か面白いことを探していました。
自分の心がワクワクして震えてしまうようなこと。
想像しただけで飛び上がってしまうようなこと。
そんな面白いことはないものか。
ねこはいつも探していました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

なんか面白いことは ないかにゃあ

考えましたが ねこは何も思いつきません。
考えることにも飽きてきてねこはごろりと
眠りました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ねこはいろんな夢を見ました

その夢のほとんどを覚えてはいませんでした。
だけど何か素晴らしいことがたくさん起きたような気がします。
ねこ は夢を見ると楽しい気持ちになるので眠ることが大好きでした。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ねこは 夢の中で ウットリしていました

あるいは恥ずかしい思いをしたのかもしれませんでした。
とにかく胸がドキドキして、飛び跳ねたくなるような経験をしました。
だけど、ねこはそれがどんな経験だったかを覚えてはいません。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

 

ふわふわ

夢の中で ねこ はどこまでも飛んでいきます。
上空からは色々な景色が広がりました。
見たことのない家。見たことのない山。見たことのない湖。
それはそれは 美しい景色でした。
ねこはどんどん上昇して世界の果てにたどり着きました。
「わー楽しい」
夢の中で ねこ の心はワクワクしていました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ねこは目を覚ましました

いろんな夢を見たけどあんまり覚えてないにゃ。
ねこ は楽しくてワクワクした夢を思い出せませんでした。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ワクワクを絵に描いてみる にゃ

ねこは 夢でみたことを思い出せなかったので
ワクワク ドキドキした気持ちを思い出して
それを なんとなく 絵にしてみることにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

そういえば 喉が乾いた にゃ

ねこ はオレンジジュースが飲みたいと思ったので
オレンジジュース の絵を描きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

オレンジジュース にゃ

オレンジジュースの絵を描いた途端
ねこ は冷蔵庫にジュースが入っていることを思い出しました。
「あー美味しい」
ねこは心がとても満たされました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ワクワクを絵に描いてみる にゃ

ねこは 夢でみたことを思い出せなかったので
ワクワク ドキドキした気持ちを思い出して
それを なんとなく 絵にしてみることにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

そういえば ドライブがしたい にゃ

ねこ は 久しぶりにドライブがしたいと思ったので
車 の絵を描きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ドライブ にゃ

車の絵を描いたら ねこは ドライブに行かずには いられませんでいた。
ねこは久しぶりにドライブに出かけることにしました。
「風が気持ちいい にゃ」
ねこは心がとても満たされました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

もっと ワクワクを絵に描いてみる にゃ

ねこは 夢でみたことを思い出せなかったので
ワクワク ドキドキした気持ちを思い出して
それを なんとなく 絵にしてみることにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

そういえば 魚が食べたい にゃ

ねこ は ねこらしく魚が好物だったので 魚が食べたいことを思い出して
魚の絵を描きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

魚釣りにゃ

ねこ はドライブで通りがかった湖で魚釣りをしました。
美味しそうな魚がたくさん釣れました。
ねこは心がとても満たされました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

もっと ワクワクを絵に描いてみる にゃ

ねこは 夢でみたことを思い出せなかったので
ワクワク ドキドキした気持ちを思い出して
それを なんとなく 絵にしてみることにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

そういえば 空を飛びたい にゃ

ねこ は少し夢を思い出していました。
空を自由に飛んだ夢をみた様な気がしました。
ねこ はその夢を絵に描くことにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

飛行機 にゃ

空を飛ぶなら飛行機があったにゃ。
飛行機に乗ったこともなかったねこはすぐに空港に行きました。
行き先はどこでもよかったので、猫は飛行機に乗ってどこかへ行きました。
ねこは心がとても満たされました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | エカキネコ | 松田光一の絵本

もっと ワクワクを絵に描いてみる にゃ

ねこは 夢でみたことを思い出せなかったので
ワクワク ドキドキした気持ちを思い出して
それを なんとなく 絵にしてみることにしました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

そういえば 海を渡りたい にゃ

ねこ は海を渡ったことがありませんでした。
海を渡るには船に乗ればいいことを知ったので
ねこは船の絵を描きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

海を渡る にゃ

ねこは船に乗ってどこまでも海を超えて行きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

なぜか ねこは 不安になりました

やりたいことを絵に描いたら
描いたことが現実になる様な気がしました。
だけど猫は何か大切なものが足りない様なきがして不安になりました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

思い出したにゃ!

ねこはどうして不安になったのか気がつきました。
ねこは思い出せなかった夢を思い出しました。
ねこにはお父さんとお母さんがいたのです。
だけど今はいませんでした。
ねこにはそれがなぜかは分からなかったけれど。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

家族の絵を描くにゃ!

ねこは家族のことをしっかりと思い出しました。
家族の絵を描くにゃ!

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

 

幸せを描くにゃ!

ねこは家族と幸せだったことをたくさん思い出して
そのことをたくさんたくさん絵に描きました。

夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ねこは今日も夢を描きました。

ねこは今日もたくさんワクワクを絵に描きました。夢の絵を描いたネコ | 麻布アトリエマスコットキャラクター | 松田光一の絵本

ーーー いったん おわりーーー

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
松田光一

グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

 ホームページへ